« 現行犯未遂 | トップページ | オイル交換@12800km »

2009年11月 7日 (土)

脳内メモ

先週の日曜かな、キャブ装着して十分キックして~、アイドルスクリューを適当に合わせたら無難にアイドリングしました。

 

そしてやっぱり写真はありませんw

 

 

 

 

 

 

 

アイドリングはしました。

アイドリングはね。

 

しばらくして、フロート下部のノズルからガソリンがポタポタと。。。

いわゆるオーバーフロー(・ω・`)

すぐに取り外してルームイン!

ヨシムラの説明書に従ってフロートハイトをチェックをしてみるも23mmでまぁ規定内ではありました。

(TM-MJN24のフロートハイトは22±1mm)

でもそれで漏ってくるてことはニードルバルブかな?

と思ってチェックしてみましたが、まぁ多少擦り減った感はありましたけどね、問題の無い程度でしたよ。

(ホントはやっちゃいけないんですけど)フロートを軽く押さえて、ガソリンの代わりにパーツクリーナーを吹いてみましたが、パーツクリーナーは流れてきませんでした。

つまりニードルバルブ周りはOKと。

結局原因が分からず、そのまま着けるとまたオーバーフローしちゃうだろうからってんで、とりあえずフロートハイトを思い切って高め(25~26mm)に設定(=油面を低く)してみることに。

 

このとき、ついでにMJを#95⇒#92.5、SJを#25⇒#22.5に。

アイドリングで排気がガス臭いかなぁと思いまして、もう1段薄くてもイケるかなと。。。

前のキャブは出荷時のジェッティングで乗っていたことも忘れちゃって^^;

今思えば何でここでセッティングを変えてしまったかオレ(・ω・`)

「ガス臭いから」ってw

変更するならせめてSJのみですよね。

試運転もロクにしてないですし。。

完全に色々と鈍ってます。。。('A`)

 

で、火曜日に装着。

フロート内の油面は思いっきり下げてるので当然オーバーフローなんてしません。

が、スロットル開けても全然着いてこなくて、4000回転くらいで頭打ち、そっから開けていこうとしても、タコの針は逆に下がっていこうとします。

ちゃんとチェックせずにMJ下げたのが良くなったのかなと。

 

記事には残してませんが、去年の今頃にもヨシキャブのセッティングに悩んだ時期がありました。

中間から上がスムーズに吹け上がらなくって。

んでMJを#90~#97.5まで試したりして、分からなくなって出荷時の番手に戻したら落ち着きました。

 

出荷時セッティングは最強なんですね。

あとフロートハイトもあからさまに規定値から外れてるのは良くないんでしょうね。

油面の高さもセッティングに影響があるみたいですし。

 

そんなわけで今朝、研究室に行く前に再度キャブの取り外し。

んでさっき、フロートハイトを規定値内に設定(22~23mmの間、ノギスで計測)して再度組み付け。

結果、オーバフローなし。

ただ、今度はドレンボルトからガソリン漏れが。。。

ガスケットはもちろん新品なんですけどね~^^;

 

ジェット類はワケあってまだ変えてません。

試しにエンジンかけてみたら中間ですごくもたついてました。

エアスクリューをだいぶ締めこむといくらかマシでしたけど、当然アイドリングは安定しませんね^^;

メインは95番が定石っぽいです。

 

FZRのこともあって早いとこ直したいってのが本音だったりするんですが。

それでも久々のキャブセッティング、完全にナメてました。

明日バイトから帰って元気があればMJ交換やってみよう。

あとガソリン漏れも。。。

|

« 現行犯未遂 | トップページ | オイル交換@12800km »

コメント

こんにちは

私も同じ症状で悩んでいます、アイドリングからオーバーフローです。
100ccクラスの2ストです。
MJ 95 SJ 25 です。
解決されているようでしたら、教えて下さい、よろしくお願いします。
ps:フロート高さ 23mmでニードルバルブのゴムも大丈夫のようです。

投稿: ミナト | 2015年12月29日 (火) 20時58分

コメントありがとうございます。
(気づくの遅くてごめんなさい…)

私の時は結局、フロートバルブ、バルブの受け側の真鍮、フロートを全て新品に交換して対処しました。

投稿: あひる | 2016年1月17日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現行犯未遂 | トップページ | オイル交換@12800km »